FXを長期運用するメリットを教えて

FXで利益を出すというと、レバレッジの数字を大きくして、資本が少ない状態から短期で外貨為替の売買を行うという利益の出し方をイメージする人も多いかと思います。安く買って、高く売る、この繰り返しを行うことで利益を増やすのですが、他にも方法はあります。


FXを長期運用して金利で利益を

FX業者などの広告を見ると、スワップ金利という言葉を目にするかと思います。この金利は、ニューヨーク市場で一日の最後を迎える外貨為替を翌日に持ち越すとつく、金利となっています。外貨によって金利は大きく変わるため、この金利の差額で利益を出す方法です。この金利はFX業者でも数字が変わることがあるので、口座を選ぶときには、注意して、スワップ金利に強い口座を選ぶ必要があるそうです。


レバレッジを低く少しずつ確実に

FXの長期運用では売買の差額と、金利差額の2つの利益を見出すことができます。ニューヨーク市場からロールオーバーさせなくてはいけないというのが金利のつくルールですから、デイトレードではなく、できるだけ長期的な運用を目指すのです。その分、価格が大きく変動してしまうリスクもありますから、長期運用の場合にはレバレッジを低くして、毎日つく金利をためていく、と考えているそうです。FXでは短期取引はレバレッジが高く、長期取引は低くなることが多いのだそうです。