FXの売りから始める、ってどうゆうこと?

FXでは外貨を売買することでセットになる投資です。買った外貨は売るまでが1つのセットですし、売った外貨は買うまでで1セットの動きとなります。またFXの特徴として、まだ外貨を購入していない状態でも、売ることから始めることもできます。


FXは手元にないものを売る?

まず売る、というと不思議な感覚があるかもしれませんが、借りて売る、と考えましょう。例えばアメリカドルを1万ドル分、先に購入するとしたら、1万ドルを先に借りるということです。借りて売りますが、この貸し借りにはルールがあって、かりた分は絶対に、アメリカドルで返さなくてはなりません。そのため、かえすときにドルの価値が高くなった状態で、買うことになるのです。


価値が下がれば損をする

これはあくまで、価値が上がったときに売るということで、利益を生みますから、そのまま価値が戻らない、あるいは下がってしまった場合、損をしてしまうということです。FXでは原則としてスワップ金利などもすべて、差額を手元に残すという考え方をしているのだそうです。その価値がどうなるか、という先物取引ですから、普段から勉強なども必要という意見が多いそうです。企業では無料で講習会などを行うところもあるそうです。