FXの予測は初心者でもできるの?

FXでは外貨為替の値段の動きを予測して売買をします。安いときに外貨を購入、高くなったら売るという形で利益を得ることができるので、これから買おうとしている外貨の値段が今後どうなるかを判断しなくてはなりません。


FXは過去データから読め

FXや外貨の動きは一定ではありませんが、過去に値動きをしたデータに基づいて分析することができます。例えば多くの為替は、少しずつ値上がりと値下がりを繰り返して、山と谷を描きながら右上がりになります。その後、一気に価値が下がるのが一般的な値動きと言われているのです。これを分単位や時間単位、長い場合には一か月単位などでデータを参考にするものです。この分析は初心者や、まだ世界の経済情報に疎い人でも始めやすいテクニカル分析という方法だそうです。


経済状態やニュースから価値を判断

経済を読んで、今後の値段を判断する方法もあります。ファンダメンタル分析という方法で、輸出入に関わる外貨など、外貨の特徴と影響を与えやすいニュースなどを参考にするそうです。これには専門知識が必要とも考えられるそうですが、スワップ金利などを利益にできる長期的なトレードでは特に大切な知識となるそうです。テクニカル分析とファンダメンタル分析はどちらかではなく、併用して予想するものだそうです。