FXで大きなマイナスを防ぐ方法は?

FXでは証拠金にてこの原理を応用して、証拠金以上のお金を動かすことができます。レバレッジを効かせるというのですが、この場合は利益だけが大きくプラスになるわけではありません。損が出てしまったときには、その損失も大きくなるのです。そのため、FXではリスク管理が肝心となってきます。


FXの強制ロスカットって?

FXでは強制ロスカットという言葉を耳にしたことがあると思うのですが、これは証拠金以上の損が出ないようにする、取引の強制終了機能です。証拠金の20パーセントなど、一定の数字以上の損失が出た場合には、まずマージンコールというアラートがでます。トレードを継続するには、追加で証拠金の入金が必要なのですが、一定時間以上、入金がない場合にトレードを強制的に終わらせるもので、損が残ってしまうという面はありますが、大きな損失を作らないということを目的としているそうです。


システムを活用する人も増えている

時間がない人でも、手軽に投資を始められるということを大きな魅力としているFXでは、シストレといって、システムに売買のルールを記憶させて自動的な取引を行わせることもできます。これらは自分がチャートをチェックできないときなども活用できるアイテムなのですが、システムトレードもリスク管理に利用することができます。長期でスワップ金利などの利益を目指している場合には寝ている時間などでもトレードを継続できます。